ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

【2023年最新版!】ビジネス携帯の選び方!スマートフォンが法人携帯の選択肢として優れている理由

企業が法人用携帯を選ぶ際に重要なのは、ビジネスの流れに適した端末を選ぶことです。

 

通話のみの使用なら、ガラケーも依然として法人市場における人気は存在しますが、多くの企業が便利性を追求し、スマートフォンを採用しています。

 

スマートフォンは様々な機能を持つアプリケーションを用いて業務を効率化することが可能で、それによって従業員の生産性を飛躍的に向上させます。

 

外出先でも、メールへの対応やその他の業務を行うことが可能なため、無駄な時間を削減し、結果としてコスト削減につながります。

 

スマートフォンとガラケー、どちらがビジネスに適しているかについては、別途詳細に比較します。

 

今回は、ビジネスを円滑に進めるための適切な法人用携帯電話の選び方を見ていきましょう。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

使用方法を明確にして法人携帯を選ぶことが大切

まず、携帯電話の使用方法を理解することが重要です。

 

月額料金は音声通話、データ通信、オプションの組み合わせにより決まります。

自社の携帯電話の使用状況にあわせた最適なプランを選ぶことが重要です。

 

通話の頻度が高い場合、基本料金に加えて「かけ放題」といったオプションを追加することを検討しましょう。

 

例えば、法人携帯の契約で人気が高いソフトバンクでは、24時間国内通話が無制限のオプションがあります。

 

次に、大手キャリアと格安SIMの選択について考えます。

 

料金を抑えたいのであれば格安SIMもあり

法人向けでも格安SIMは有効な選択肢です。

料金を抑えたい企業にとっては、格安SIMは大きな魅力を持っています。

 

SIMフリースマホがあれば、海外出張時に現地でSIMカードを利用することも可能です。

 

しかしながら、格安SIMの利用には注意点があります。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りているため、利用者が多くなる時間帯には通信速度が遅くなる可能性があります。

 

これは大手キャリアと格安SIMの最大の違いであり、デメリットとなる可能性があります。

 

また、格安SIMの契約やサポートは基本的にオンラインで行われるため、対面での対応が必要な企業には不向きかもしれません。

 

大手キャリアではWi-Fiや電気といった他のサービスも提供しており、ビジネス用途に応じたトータルなソリューションを提案してくれます。

 

officioも、モバイル、通信、インフラ、人材までお客様がご利用中の各種サービスをofficioでまとめて頂く事で当サイト独自の特別還元にてサービス申し込みが可能です!

 

そして、法人向けの特別な割引が適用される場合もあります。

法人契約では、個人契約とは異なり、条件によって大幅な割引が適用されることがあります。

 

officioはソフトバンクの法人向けスマホ限定プランが月額1,078円(税込)〜初期費用もなんと0円!他社にはないお得なプランをご用意していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

法人携帯を導入する際は、どのような割引・キャンペーンや法人向けサービスが適用されるのかを、キャリアや代理店に問い合わせることも重要です。

 

自社の法人携帯の利用状況を詳しく伝えて、見積もりを依頼しましょう。

既に法人用スマートフォンを利用している方も、この機会に最適な機種を見直してみてはいかがでしょうか。

企業内のデジタル環境との連携強化

企業のデジタル化が進む中、モバイルデバイスと企業内のデジタル環境との連携は、業務効率の向上や新しい価値の創出に向けての鍵となります。

 

スマートフォンを活用した連携には、以下のようなメリットや実際の利用シーンが考えられます。

クラウドとの連携

スマートフォンとクラウドの組み合わせは強力
従業員は外出先からでも、クラウド上のファイルやデータベースにアクセスできるため、場所を選ばずに業務を進めることが可能になります。

リアルタイムのデータ共有
チーム間の情報共有やコラボレーションがスムーズに行え、業務の迅速化やミスの削減に貢献します。

バックアップとセキュリティ
クラウド上にデータを保管することで、データロスのリスクを低減できます。

また、クラウドサービスの多くは高度なセキュリティ対策を施しており、データの安全性が確保されます。

企業専用アプリの活用

カスタマイズの自由度
企業独自の業務フローやニーズに合わせて、専用のアプリケーションを開発することで、業務プロセスの最適化や生産性の向上が期待できます。

簡易化と効率化
企業専用アプリにより、複雑な業務もシンプルな操作で行えるようになります。

これにより、業務の速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

IoTとの統合

データの収集と活用
IoTデバイスから収集されるデータをスマートフォンでリアルタイムにモニタリングし、迅速な意思決定や効果的な業務改善が行えます。

業務の自動化
スマートフォンとIoTデバイスを連携させることで、例えば在庫の自動管理や、設備の遠隔操作など、多くの業務が自動化され、効率的になります。

このように、スマートフォンと企業内のデジタル環境との連携は、多岐にわたる業務の効率化や価値の創出に寄与します。

 

現代のビジネスシーンでの成功には、これらのテクノロジーの適切な活用が欠かせません。

 

スマートフォンのセキュリティ対策の重要性

ビジネス用スマートフォンの使用が一般的になる中で、セキュリティ対策の強化は企業にとって避けられない課題です。

 

高度なセキュリティソフトウェアの導入と適切なデバイス管理プロトコルの設定は、データ漏洩のリスクを最小化し、企業情報を保護するための必須条件となっています。

セキュリティソフトウェアとプロトコルの導入

セキュリティソフトウェアの選定

企業が選ぶべきセキュリティソフトウェアは、リアルタイムでの脅威検出と対応機能を備えているものが理想的です。

ウイルス、マルウェア、ランサムウェアからデバイスを保護し、不正アクセスをブロックする能力が求められます。

また、セキュリティアップデートが定期的に提供される製品を選ぶことが重要です。

デバイス管理プロトコル

企業内で使用されるすべてのスマートフォンに対して、統一されたデバイス管理プロトコルを設定することがセキュリティの基盤を強化します。

これにはパスワードポリシー、データ暗号化、デバイスの遠隔ワイプ(紛失時のデータ消去)、多要素認証の導入が含まれます。

これらの措置は、もしデバイスが不正にアクセスされた場合でも、機密情報が保護されるようにします。

実装のベストプラクティス

教育とトレーニング: 従業員にセキュリティプロトコルとソフトウェアの適切な使用方法について定期的な教育を行い、セキュリティ意識を高めることが重要です。

定期的な監査とレビュー: セキュリティ設定とポリシーは定期的に見直しを行い、新たな脅威に対応するためのアップデートを適用します。

これらの対策を通じて、企業はビジネス用スマートフォンを安全に利用し、セキュリティリスクを効果的に管理することができます。

セキュリティは継続的な努力を要するため、最新の脅威情報に常に注意を払い、適切な対策を講じることが必要です。

スマートフォンが法人携帯の選択肢として優れている理由

現代のビジネスシーンにおいて、スマートフォンは個々の業務者にとって、また組織全体にとっても重要なツールとなっています。

 

ここでは、スマートフォンが法人携帯の選択肢として優れている理由について詳しく解説します。

 

高度な機能

スマートフォンは単なる通話やメッセージ送信だけでなく、メールの送受信、ウェブ閲覧、アプリ利用、ビデオ会議など多様な業務を行うことが可能です。

これにより、オフィス外でも効率的に作業を行うことができます。

 

アプリケーションの豊富さ

様々なビジネス用途に対応したアプリケーションが揃っています。

例えばプロジェクト管理、ファイル共有、コミュニケーション、スケジュール管理など、業務をスムーズに進めるためのツールが手元に揃います。

 

セキュリティの強化

スマートフォンはパスコードや生体認証(指紋認証や顔認証)により、個々のデバイスのセキュリティを確保することができます。

さらに、企業向けのセキュリティソフトウェア(MDM)を導入すれば、機密情報の漏洩を防ぐことが可能です。

 

管理が容易になる

全員が同じモデルのスマートフォンを使用すれば、設定や操作方法の統一が可能となり、IT部門のサポート業務も容易になります。

また、全員が同じアプリケーションを使うことで、業務の一貫性と効率性も確保できます。

 

多機能性、アプリケーションの豊富さ、高度なセキュリティ、そして統一感から、現代のビジネスシーンではスマートフォンが重要なツールとなっています。

 

しかし、どの機種やプランを選ぶかは、自社のビジネススタイルや業務内容によって大きく変わります。

 

重要なのは、自社のニーズに合った最適な機種やプランを選ぶことです。

 

その選択に際しては、使用状況を正確に把握し、価格やサービスの比較、キャリアや代理店への相談などを通じて、最適な選択をすることが求められます。

 

そして忘れてはならないのは、スマートフォンの選択だけではなく、適切な管理やセキュリティ対策も重要であるということです。

 

法人携帯の導入と同時に、これらの対策をしっかりと行い、ビジネスの効率性と安全性を確保しましょう。

 

法人携帯に関する疑問や不安がある方は、ぜひofficioへお気軽にお問い合わせください。

タグ

PAGE TOP