ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

法人携帯おすすめのセキュリティ対策:(MDM)と(MAM)の違い

現代のビジネス環境において、法人携帯はコミュニケーションと業務効率化のための重要なツールとなっています。

 

特に、アプリケーション管理は、業務の効率化、データセキュリティの確保、そしてコスト削減に対するキーとなる要素です。

 

この記事では、法人携帯の導入におけるアプリケーション管理とその業務効率化への影響について詳しく説明します。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

法人携帯の導入におけるアプリケーション管理とは?

アプリケーション管理とは、企業が使用する全てのアプリケーションの選定、導入、更新、そしてセキュリティ管理を包括的に行うことを指します。

 

これには、必要なアプリケーションの選択、適切なライセンスの確保、アプリケーションの更新とパッチ管理、そして不適切なアプリケーションのブロックが含まれます。

 

例えば、社員がビジネス用のメールアプリを使用する場合、IT部門はそのメールアプリのセキュリティ設定やアップデートを管理します。

 

アプリケーション管理が業務効率化にどのように貢献するのか?

アプリケーション管理は、業務効率化に大いに貢献します。

まず、適切なアプリケーションを選択することで、業務プロセスがスムーズに進行し、タスクの完了時間が短縮されます。

 

例えば、共有ドキュメントを管理するためのクラウドベースのアプリケーションを使用すると、社員はいつでもどこでも重要なドキュメントにアクセスでき、コラボレーションが容易になります。

 

また、アプリケーションのセキュリティ管理は、データ漏洩やサイバー攻撃から企業を保護し、対処するための時間とリソースも節約することができます。

 

一元管理による時間節約

管理対象のアプリケーションが一元的に管理されることで、アップデートの適用やセキュリティ対策などの作業が一括で行えます。

それぞれのデバイスを個別に管理する時間と労力を大幅に削減できれば組織全体の生産性向上に繋がり。

また、IT部門、システム担当者の負担も減り、より重要なタスクに集中する時間も増えますね。

 

アプリケーションの選定と最適化

 

最適なアプリケーションを選定し、その設定を最適化することで、業務の効率が向上します。

例えば、クラウドストレージアプリを導入することで、社内外でのファイル共有が容易になり、作業の進行速度が向上します。

 

セキュリティリスクの軽減

 

適切なアプリケーション管理により、不正アプリのインストールを防止したり、機密情報が含まれるアプリへのアクセスを制限したりすることができます。

データ漏洩などのセキュリティリスクを軽減し、事業の中断を防ぐことができます。

 

以上のように、アプリケーション管理は業務効率化を実現するための重要な手段となります。

企業が法人携帯のアプリケーション管理に取り組むべき理由

セキュリティの向上、コスト削減、ワークフローの最適化など、アプリケーション管理に取り組むことで得られる利点は数多く存在します。

 

一方で、管理が不十分な企業の場合…

データの漏洩、生産性の低下などのリスクに直面します。

(MAM)と(MDM)の違いについて

企業が法人携帯のアプリケーション管理に取り組むための主要なツールとして、モバイルアプリケーション管理(MAM)そして、モバイルデバイス管理(MDM)があります。

 

MAMは、特定のアプリケーションに対するセキュリティポリシーやアクセス権限を中心に管理するのに対し、MDMはデバイス全体のセキュリティや設定を一元管理することを目指す。

 

といったように目的は異なります。

モバイルアプリケーション管理(MAM)

モバイルアプリケーション管理(MAM)は、企業が配布するアプリケーションのセキュリティと管理を強化するためのソリューションです。

一般的に提供されている機能としては、次のような機能があります。

・アプリケーションの配布
・アプリケーション更新管理
・アプリケーションの設定管理
・アプリケーションのセキュリティ管理
・アプリケーションの使用状況の監視

 

企業が配布するアプリケーションを一元的に管理し、アップデートやセキュリティパッチを一括で適用することができます。

 

アプリケーションごとにアクセス制限を設けることで、機密情報の漏洩を防止します。

例えば、一部の従業員だけがアクセスできるアプリケーションを設定することが可能です。

 

モバイルデバイス管理(MDM)

一方、モバイルデバイス管理(MDM)は、企業が使用するモバイルデバイス全体の管理とセキュリティを強化するためのソリューションです。

具体的な機能の例としては、以下のような一般的に備わっている機能があります。

・デバイスの登録
・デバイスの設定管理
・セキュリティ管理
・アプリケーション管理
・デバイスの監視とレポーティング

 

企業が使用するすべてのモバイルデバイスを一元的に管理し、設定の変更やアップデートを一括で行うことができます。

 

デバイスが紛失または盗難にあった場合、セキュリティ機能でデバイス内のデータを削除したり、端末を遠隔でロックすることが可能です。

 

これにより、機密情報の漏洩を防ぐことができます。

 

このように、MAMとMDMは異なる機能と目的を持ちながらも、共に企業のモバイル環境の管理とセキュリティを強化する役割を果たしていることがわかりますね。

効果的なセキュリティ対策の導入とそのメリット

現代のビジネス環境では、社用携帯のセキュリティは業務の成功を左右する要素の一つとなっています。

 

セキュリティ対策を適切に実施することで、企業は多くのメリットを享受できます。

端末内のデータを守るためのセキュリティ手段

社用携帯には重要な情報が保存されており、これが外部に漏れることは大きなリスクとなります。

 

以下の手段でデータを保護することができます。

暗号化: 端末のデータを暗号化することで、不正アクセス時も情報が読み取られにくくなります。

二段階認証: パスワードだけでなく、もう一つの要素(例: SMSでの認証コード)を追加することで、セキュリティを強化します。

法人携帯の適切な利用ガイドラインと社員教育

企業内での社用携帯の利用ルールやガイドラインの明確化は、セキュリティ対策の基盤となります。

利用ガイドライン: 社用携帯でのインターネット利用やアプリのダウンロード、外部ストレージとの接続等のルールを明文化します。

社員教育: 定期的なセキュリティ研修やワークショップを開催し、社員にセキュリティの重要性を理解させることが必要です。

セキュリティ対策の導入による業務のスムーズ化とリスク軽減

セキュリティ対策を導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

業務効率の向上: セキュリティの心配なく業務を進めることができ、生産性が向上します。

信頼性の向上: 顧客やパートナー企業からの信頼を得られ、ビジネスの拡大が期待できます。

リスクの軽減: データ漏洩や不正アクセスのリスクを大幅に軽減し、大きな損失を防ぐことができます。

 

セキュリティ対策は、単にリスクを軽減するだけでなく、企業の成長や発展のための大きなステップとなります。

 

効果的な対策を導入し、そのメリットを最大限に活用してください。

データセキュリティと従業員満足度のバランスの取り方

データセキュリティと従業員の満足度の間には、バランスを取る必要があります。特に企業が社用携帯を管理する際、セキュリティを確保しつつ、従業員がデバイスを自由に使用できる環境を整えることが重要です。以下では、デバイス使用の自由度とセキュリティのバランスについて詳しく解説します。

デバイス使用の自由度とセキュリティのバランス

企業はセキュリティ対策を強化する一方で、従業員がデバイスを自由に使えるようにすることが求められます。モバイルアプリケーション管理(MAM)はこの課題に対処するための効果的な手段です。

モバイルアプリケーション管理(MAM)の役割

MAMは、従業員が業務で使用するアプリと個人的に利用するアプリを明確に分離します。これにより、業務用アプリに対する厳格なセキュリティポリシーを適用しつつ、従業員の個人用アプリへの干渉を最小限に抑えることができます。具体的には、以下のような利点があります。

セキュリティの強化

・アプリ固有のセキュリティ設定: 業務用アプリには高いセキュリティ設定を適用し、データ漏洩リスクを最小化します。

・データアクセスの管理: 業務データにアクセスできるアプリを限定し、不正アクセスを防ぎます。

従業員の自由度の確保

・プライバシー保護: 従業員のプライバシーを尊重し、個人データへの不要なアクセスを防ぎます。

・使用体験の向上: 従業員は業務外の時間に自由に個人用アプリを使用できるため、満足度が向上します。

このように、MAMの導入により、セキュリティとデバイス使用の自由度をバランス良く管理することが可能となります。

これにより、従業員は安心してデバイスを使用でき、同時に企業は情報セキュリティを維持することができます。

このバランスが取れたアプローチは、現代のビジネス環境において、企業が競争力を維持するために不可欠です。

セキュリティ対策も万全のofficioの法人携帯

 

万が一、紛失や盗難といったトラブルが発生した際にも、遠隔からデバイスをロックしたり、データを削除することが可能な「リモートワイプ」機能により、情報漏洩の危険を効果的に回避することができます。

 

また、セキュリティ機能の設定が必要な際には、私たちの専門的なスタッフが詳細に対応いたします。

 

セキュリティ面に限らず、販売実績50万台の当社だから出来るショップにはない格安プランをご案内させていただきます。

 

法人携帯の導入に関して疑問がある、セキュリティ対策について知りたいという方は、ぜひofficioへお気軽にご相談ください。

 

効率的な業務遂行のためのアプリケーション管理

今回の記事を通じて、アプリケーション管理が法人携帯の導入における業務効率化にどのように寄与するかを詳しく見てきました。

アプリケーション管理により、一元的な管理体制を確立し、セキュリティを強化することが可能になります。

 

また、業務用途に適したアプリケーションを選定し、それらの効率的な利用を促進することで、業務の生産性を向上させることができます。

 

これは、時間やリソースの無駄を削減し、結果的に業務の効率化につながります。

 

さらに、モバイルアプリケーション管理(MAM)やモバイルデバイス管理(MDM)のようなソリューションを利用することで、さらなるセキュリティの強化と管理効率の向上が可能となります。

 

これらの知識を活用し、法人携帯の適切な選択と効果的な管理により、業務の効率化を追求してみてください。

最終的には、これらの取り組みがビジネスの成長と成功に寄与することでしょう。

タグ

PAGE TOP