ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

法人携帯のメリット・デメリット:ビジネスに最適な選択をするためには?

ビジネスの世界では、コミュニケーションは成功の鍵となります。

 

そのため、多くの企業は、社員がどこにいても連絡を取ることができる法人携帯を導入しています。

 

しかし、法人携帯の導入は一長一短があり、そのメリットとデメリットを理解することが重要です。

今回は、法人携帯のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

法人携帯のメリット

経費の管理と削減

法人携帯は、通信費用の一元管理と削減に寄与します。

 

各社員が個々に携帯電話を持つのではなく、企業が一括して契約することで、通信費を削減できます。

社員の満足度向上

法人携帯を提供することで、社員が自己負担する通信費用を減らすことができ、結果的に社員の満足度やモチベーションを向上させることができます。

 

また、法人携帯を持つことで社員はオフィス外でも仕事をこなすこともできるので、時間と場所に束縛されないメリットもあります。

ワークライフバランスの促進

法人携帯を使えば、社員はオフィス外でも業務に取り組むことが可能になり、柔軟な働き方やワークライフバランスの実現に貢献します。

 

リモートワークが進んでいる業界は、家庭やプライベートの時間と仕事のバランスが取りやすくなり、モチベーションも上がり社員は能力を充分に発揮できるでしょう。

 

法人携帯の導入で柔軟な働き方を実現できれば、それが企業のアピールポイントにもなります。

 

従業員の定着

優秀な人材の確保

 

このように、法人携帯の導入することで、ワークライフバランスを促進させ、企業のアピールポイントの創出し優秀な人材を獲得する機会を増やすことができるでしょう。

セキュリティの強化

法人携帯は、企業がセキュリティ対策を一元的に行うことができます。

 

これにより、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることが可能です。

企業のブランドイメージ向上

法人携帯を導入することで、一貫したコミュニケーションを確保。

 

企業のプロフェッショナリズムとブランドイメージを向上させることができます。

法人携帯のデメリット

初期費用と月額費用

法人携帯の導入には初期費用がかかります。また、月額費用も発生します。

これらのコストは、特に小規模企業にとっては負担となり得ます。

仕事とプライベートの境界線が曖昧に

法人携帯の導入により、仕事とプライベートの境界が曖昧になる可能性があります。

働き過ぎを防ぐためには、適切な使用ルールが必要となります。

管理の手間

法人携帯の管理は、一定の手間と時間を必要とします。

特に大企業では、多くの携帯電話を管理するためのシステムや人員が必要になります。

紛失や盗難のリスク

社員が法人携帯を外出先で使用する場合、紛失や盗難のリスクがあります。

これらのリスクを管理するためには、適切な対策が必要です。

法人携帯の選択時のポイント

企業が法人携帯を導入する際、単に機能や価格だけで選ぶのではなく、ビジネスシーンに特化した要因も考慮する必要があります。

 

以下では、法人携帯の選択時に特に重視すべきポイントを3つご紹介します。

端末の耐久性と信頼性

ビジネスシーンでは、頻繁な利用や移動中の落下など、端末がさまざまなリスクにさらされることが考えられます。

 

特に営業や現場作業員など、外部での使用が多い職種では、耐久性が求められます。

 

水や埃に強い防水・防塵機能、耐衝撃性を持つ端末を選ぶことで、長期間の安定した使用が期待できます。

 

また、故障や不具合が少ない信頼のおけるブランドやモデルを選択することも、トラブルを避けるためのキーとなります。

アフターサポートと保証

どんなに優れた携帯電話でも、使用中にトラブルや故障は避けられません。

 

その際、しっかりとしたアフターサポートや保証が受けられるかは非常に重要です。

 

特に法人での大量導入を考える場合、故障1台での業務停滞は許されません。

 

修理の迅速さや、代替機の提供、サポートの質などを確認し、安心して利用できるものを選ぶべきです。

機能とアプリケーションの拡張性

ビジネスの進行とともに、新たな業務アプリの導入や機能のアップグレードが求められることが多いです。

 

その際、端末やOSが柔軟にアプリケーションの追加や変更に対応できるかは大きなポイントとなります。

 

特にOSのアップデート頻度や、開発されているアプリの数、カスタマイズの自由度などを考慮して、拡張性の高い携帯電話を選びましょう。

 

企業が法人携帯を導入する際の選択は、業務の効率化や社員の満足度向上に直結します。
上記のポイントを参考に、最適な携帯電話を選ぶことで、より効果的なビジネスの展開が期待できます。

法人携帯のデメリット・問題解決はMDMが有効

法人携帯は、一元的なコミュニケーション管理、コスト削減、社員満足度の向上など、多くのメリットを提供します。

 

一方で、初期費用や月額費用、仕事とプライベートの境界の曖昧化、管理の手間、紛失や盗難のリスクなど、考慮すべきデメリットも存在します。

 

法人携帯を導入する際には、これらのメリットとデメリットをしっかりと理解し、MDMの導入や企業のニーズや予算に合わせた最適な選択をすることが重要です。

 

それにより、法人携帯はビジネスの成長と成功に大いに貢献できます。

 

また、上述したデメリットはMDMの導入で一気に解決することが可能です。

 

MDM(モバイルデバイス管理)の導入は、直接的な結果がすぐに現れるものではないかもしれません。

 

しかし、長い目で見ると、その恩恵は非常に大きいと言えます。

 

MDM導入の恩恵

セキュリティ強化

効率的なデバイス管理

コンプライアンスの確保

フレキシブルなワークスタイルの実現

 

MDMの導入は長期的に見れば、セキュリティの強化、作業効率の向上、リスク管理の強化、そして働き方の柔軟性といった多くの利点を企業にもたらします。

 

MDMの導入及び実施、運用についてもofficioにご相談いただければ、専門スタッフがサポートさせていただきます。

コストパフォーマンスの評価

法人携帯の導入を検討する際、デバイスとプランのコストパフォーマンスは重要な判断基準です。

 

適切なコスト管理と戦略的な選択により、長期的に企業の財務にポジティブな影響を与えることが可能です。

 

以下では、デバイスとプランの総合的な費用対効果、契約特典の活用、そして長期的な運用コストの見積もりと削減戦略について解説します。

デバイスとプランの総合的な費用対効果

法人携帯の選択において、デバイスの性能やプランの内容が直接的なコストに影響を与えます。

デバイス選択:高性能なスマートフォンは初期コストが高いですが、耐久性や将来的なサポートを考慮すると、トータルコストは低くなることがあります。

プランの最適化:データ使用量や通話ニーズに合わせたプランを選ぶことで、無駄な月額費用を避け、全体的なコストを抑えることができます。

コスト削減に寄与する契約特典の活用

キャリアやサービスプロバイダーから提供される契約特典を活用することで、コスト削減が可能です。

割引プラン:新規契約や更新時に提供される割引プランを活用することで、通信費を削済できます。

バンドルサービス:通信サービスと一緒にセキュリティソフトウェアやクラウドストレージなど、必要なサービスをパッケージで提供することで、個別購入に比べてコストを削減できます。

長期的な運用コストの見積もりと削減戦略

長期的な運用コストを見積もることは、企業財務において非常に重要です。

全体的な運用コストの計算:デバイスの耐久性、必要なメンテナンス、技術的なサポートなど、総合的な運用コストを計算します。

削減戦略の策定:運用コストの見直しを定期的に行い、最新の技術やプランに適応することで、コストパフォーマンスを維持・向上させる戦略を策定します。

法人携帯の導入はofficioにお任せください!

確かな提案力・法人向け特別価格のご案内!

全国対応、オフィスで完結!

充実のアフターフォロー!

携帯以外もまるごとコンサル!

 

たとえば、テレワークの実装や新規事業のスタートアップは、必要なサービスや機能を一から調査し、選定するだけでも大きな労力を必要とします。

 

このような課題を解決するために、スマホアドバイザーが最適なプランをご案内させていただきます!

 

また、モバイルデバイスだけでなく、オフィス運営に必要な全ての側面についての相談もofficioにお任せください。

 

OA機器、インターネット接続、固定電話ライン、ウェブサイト制作、広告、電子契約、電気、そして人材採用まで幅広いニーズに対応いたします。

 

低価格・高品質は当たり前のofficioに、ぜひご相談ください。

タグ

PAGE TOP