ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

法人携帯選びと最適なデバイス管理:最新おすすめモデルとライフサイクル戦略!

選択肢が多く、複雑な機能が揃っている法人携帯。

企業にとって、法人携帯は業務効率化のために欠かせないツールであり、その選択は非常に重要です。

 

しかし、どの機種を選べばいいのか、どのキャリアが最適なのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、法人携帯の選び方の基礎知識を詳しく解説します。

 

選び方のポイントを理解し、自社に最適な法人携帯選びを進めましょう。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

法人携帯の選び方の基礎知識

法人携帯の選び方は多岐にわたります。

それぞれの業種や企業規模、そして働き方によって最適な選択は変わります。

 

このセクションでは、その基礎となるポイントをご紹介します。

1.1 業務用途と予算のバランス

法人携帯を選ぶ上でまず考えるべきは、業務用途と予算のバランスです。

具体的には、自社の業務内容に必要なスマートフォンの機能や性能を把握し、それに見合った予算を設定することが重要です。

 

例えば、営業職のように外出が多い職種では、バッテリーの持ちが良く、頑丈なモデルが求められます。

また、デザイン業務など画面を多用する業務では、大きな画面や高解像度のディスプレイを持つモデルが適しています。

 

予算については、初期投資だけでなく、ランニングコストも考慮に入れるべきです。

ランニングコストとは、月々の通信費や保守費、故障時の修理費など、長期的にかかる費用のことを指します。

 

1.2 サポート体制

また、キャリアやメーカーのサポート体制も重要な選択基準の一つです。

具体的には、故障時の対応や、新機能の追加更新などをスムーズに行えるサポート体制が整っているか確認する必要があります。

 

たとえば、故障時の対応については、修理のスピードや費用、代替機の提供などを確認しましょう。

これらが充実していると、故障が発生した場合でもビジネスに大きな影響を及ぼすことなく対応できます。

 

また、新機能の追加や更新については、OSのアップデートが定期的に行われ、新たな機能が追加されるかもチェックすることが重要です。

これにより、最新の機能を利用しながら業務効率を上げることが可能になります。

 

デバイスのライフサイクル管理とその重要性

法人携帯の選び方だけでなく、デバイスのライフサイクル管理も重要な要素です。

ここでは、その重要性と具体的な管理方法について解説します。

 

1 . ライフサイクル管理の重要性

デバイスのライフサイクル管理は、デバイスのパフォーマンスを維持し、セキュリティリスクを最小限に抑えるために重要です。

無駄な修理費用や、早すぎる買い替えによるコスト増加を防ぐためにも、ライフサイクル管理は不可欠です。

 

さらに、デバイスのパフォーマンスが低下すると、業務効率にも影響が出ます。

そのため、ライフサイクル管理はコスト削減だけでなく、業務の生産性向上にも繋がる重要な要素と言えます。

 

2.ライフサイクル管理の具体的な方法 具体的な管理方法。

定期的なデバイスの点検
デバイスの動作を定期的に確認し、問題が生じていないかチェックします。
異常が見つかった場合は早急に対応し、大きなトラブルに繋がる前に修正します。

アップデートの適用
OSやアプリケーションのアップデートは、新機能の利用だけでなく、セキュリティ対策のためにも重要です。
定期的にアップデートを行い、最新の状態を保つようにします。

故障時の迅速な対応
デバイスが故障した場合、その対応速度が業務に大きな影響を及ぼします。
迅速に修理・交換が行える体制を整えることが重要です。

デバイスの買い替えサイクルの設定
デバイスの性能が落ちてくるタイミングや、新モデルが登場するタイミングなどを見越して、買い替えサイクルを明確に設定します。

これらの手法を組み合わせることで、デバイスのライフサイクル管理を効果的に行うことが可能です。

おすすめの法人携帯モデル

それでは、現在の法人携帯市場でおすすめのモデルをいくつかご紹介します。

それぞれの特徴を把握して自社のニーズに合ったモデルを選択しましょう。

・モデルA:IT系におすすめ!

モデルAは高性能で、特にグラフィック作業や大量のデータ処理を要する企業におすすめです。

パワフルな処理能力と大容量のストレージが特徴で、高度な業務をサポートします。

・モデルB:スタートアップ企業におすすめ!

モデルBはコストパフォーマンスに優れ、スモールビジネスやスタートアップ企業に適しています。

必要十分な性能を持ちつつ、価格が抑えられているのが特徴です。

・ モデルC:建設業や運輸業におすすめ!

モデルCは高い耐久性と長時間のバッテリーライフが売りで、フィールドワークやリモートワークが多い業務に最適です。

頑丈なボディと長時間持続するバッテリーで、電源供給が乏しい外出先でも安心して使用できます。

法人携帯のセキュリティと保護対策

企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中で、法人携帯のセキュリティと保護は今や無視できない課題となっています。

 

従業員が適切にデバイスを利用するための方針や、外部の脅威から保護するための手段など、多角的なアプローチが必要とされています。

セキュリティの要件
デジタル時代における企業の資産の中で最も重要なものの一つが情報です。

その情報が外部に漏れることは、企業のブランドや信頼性、さらにはビジネスそのものの存続に関わるリスクとなり得ます。

法人携帯は、外部のネットワークに接続することが多いため、セキュリティリスクが高まります。

特に機密情報の取り扱いがある企業では、デバイスのセキュリティ要件を明確にし、適切なセキュリティソリューションを導入することが不可欠です。

保護対策の実施
物理的な事故や盗難は、どんなに高度なセキュリティ対策を施しても、100%のリスク回避は難しいものです。

しかし、事前の保護対策をしっかりと行うことで、被害を最小限に抑えることは可能です。

耐衝撃ケースの選定や、遠隔でのデバイスロック、位置情報の取得などの追跡機能の導入は、デバイスが紛失した場合のリスクを大きく減少させることができます。

教育とポリシーの実施
最も重要なセキュリティ対策の一つは、従業員への教育です。

高度なセキュリティシステムを導入しても、それを適切に利用しない従業員がいれば、その効果は半減してしまいます。

企業は、デバイスの使い方やセキュリティに関するポリシーを策定し、定期的な研修やトレーニングを行うことで、従業員一人ひとりが正しい知識と意識を持つことを確実にする必要があります。

これにより、セキュリティリスクは大きく低減されるでしょう。

 

法人携帯のセキュリティと保護対策は、企業の信頼性やビジネスの継続性を守るための基盤となるものです。

 

適切な対策と従業員の教育を通じて、企業の情報資産をしっかりと守りましょう。

テレワークとモバイルデバイスの統合: 効率的なリモートワーク環境の構築

テレワークが新しい標準として定着する中で、企業は効率的なリモートワーク環境の構築に重点を置く必要があります。

 

このプロセスの中核となるのは、リモートアクセスが容易であり、同時にセキュリティが確保されたモバイルデバイスの選択です。

効率的なリモートワークのためのデバイス選択

セキュリティが確保されたデバイスの重要性

リモートワーク環境では、データ漏洩のリスクが高まるため、セキュリティ機能が強化されたデバイスが必要です。

企業はVPNサポート、エンドツーエンドの暗号化、マルチファクター認証など、データ保護のための高度なセキュリティ機能を備えたデバイスを選ぶべきです。

接続性と互換性

効率的なリモートワークを支えるデバイスは、高速で安定した接続性を持ち、主要なオフィスアプリケーションやクラウドサービスとの互換性があります。

また、企業内の既存のITインフラストラクチャとシームレスに統合できることが求められます。

管理とサポート

遠隔地からでもデバイス管理が可能であり、ITサポートが容易にアクセスできるデバイスが望ましいです。

デバイス管理システム(MDM)を通じて、IT部門はデバイスの設定更新やトラブルシューティングを遠隔で行うことができるため、ユーザーサポートが効率的になります。

ユーザー体験の最適化

リモートワークにおいて従業員の生産性を保つためには、ユーザーフレンドリーなインターフェースと高いパフォーマンスが必要です。

長時間の使用に適したエルゴノミクスデザインや、目に優しいディスプレイも重要な選定基準です。

テレワーク環境の成功は、適切なツールの選択に大きく依存します。

セキュリティ、接続性、管理のしやすさ、そして優れたユーザー体験を兼ね備えたモバイルデバイスの選定により、企業はどこからでも効率的な業務遂行が可能になります。

法人携帯とデバイスライフサイクル管理を最適に行うポイント

法人携帯の選び方の基礎知識、デバイスのライフサイクル管理の重要性、おすすめの法人携帯モデルについて解説しました。

 

・デバイスライフサイクル管理の最終的な考慮事項

デバイスのライフサイクル管理については、定期的な点検とアップデート、そしてデバイスの買い替えサイクルの設定が重要となります。

 

これらを適切に行うことで、デバイスのパフォーマンスを維持し、セキュリティリスクを最小限に抑えることが可能となります。

 

以上を踏まえて自社に最適な法人携帯選びとデバイス管理を行いましょう。

法人携帯・業者選びに迷ったらofficioにお任せください

法人携帯を選ぶ際は、業務用途と予算のバランス、サポート体制など考慮すべき点が多く迷ってしまう方が多くいます。

 

また、それぞれの業種や企業規模、働き方によって最適なモデルが変わることを念頭に置かなければいけません。

 

社用携帯を従業員の数だけ用意したら費用が…

回線工事も必要となると…

転送機能を使いたいけど通話料が心配…

 

こういったお悩みもofficioのサービスなら大丈夫です!

 

officioには選ばれる理由があります。

 

どこよりも【早く・安く・便利に】をテーマに、経験豊富な専門スタッフがお客様のご要望にお応えします!

 

さまざまな業務内容の効率化、効率向上のための見直しもofficioが迅速にご対応いたしますので、法人携帯導入のご相談、オフィスに関するお困りごともofficioにお問い合わせください!

タグ

PAGE TOP