ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

社用携帯にガラケーはまだおすすめ?3G回線が終了したらどうなるの??

スマートフォンの普及が進む一方で、社用携帯としてガラケーを選ぶ企業も少なくありません。

 

ビジネスの現場では、よりシンプルでコストパフォーマンスに優れた「ガラケー」も多くの企業で利用されています。

 

主に通話やメールを用いるビジネスシーンにおいて、ガラケーは3つの大きなメリットが存在しています。

 

今回は、社用携帯としてガラケーが持つメリットと、それがどのように進化してきたかについて探ります。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

法人携帯をガラケーにするメリット

企業が社用携帯をガラケーにする際の主な理由として、コスト削減、シンプルな操作性、そして長寿命のバッテリーが挙げられます。

 

これらの要素は、ビジネス運営における効率化やコストダウンに直結するため、重要な観点となります。

法人携帯をガラケーにするメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

通話料金を安く抑えられること以外のメリットを3つ紹介します。

 

スマホとガラケーのどちらを選ぶか迷った場合の参考にしてください。

1. 低コスト

ガラケーの使用料金は、多機能のスマートフォンと比べて低価格です。

 

端末自体の価格も安く、月額料金も抑えることが可能です。

 

また、通話専用プランを選べば、さらにコストを削減できます。

 

仕事で必要なのが通話とメールだけであれば、ガラケーが最適な選択肢となるでしょう。

2. シンプルな操作性

ガラケーの物理ボタンによる操作は、押し間違いが少なく分かりやすいです。

 

一方で、タッチパネルのスマートフォンは操作が複雑で、慣れるまでに時間がかかることがあります。

 

また、ガラケーは頑丈で落としても壊れにくいという利点もあります。

3. 長寿命のバッテリー

スマートフォンに比べてガラケーのバッテリー寿命は長く、頻繁な充電の必要性が軽減されます。

 

スマートフォンは、一日一回以上の充電が必要なのに対して、ガラケーは使い方によっては一週間以上持つことが可能です。

 

頻繁に外出する職種にとっては、これは大きなメリットとなるでしょう。

 

しかしながら、4G・5G回線の拡大に伴い、3G回線を使うガラケーはいずれ使用できなくなる予定です。

3Gガラケーのサービス終了とその影響

近年の通信インフラの進化に伴い、残念ながら3G回線を使用するガラケーは終焉を迎えようとしています。その背景と、どのような影響が出ているのかについて説明します。

 

日本では4G・5Gの通信インフラが拡大しており、それに伴い3G回線のサービスは終了予定となっています。

 

各キャリアの予定を見ると、docomoは2026年3月31日に、ソフトバンクは2024年1月下旬に3Gサービスの提供終了を予定しています。

 

また、auは既に2022年3月31日に3G回線の提供を終了しており、これによりauの3Gガラケーは日本国内で利用できなくなっています。

 

この問題を解決するためには、ガラケーとスマートフォンの特長を併せ持つ「進化型ガラケー」への移行がおすすめです。

進化型ガラケー「ガラホ」の登場

近年の通信インフラの進化により、3G回線を使用する従来型のガラケーの寿命は刻一刻と迫られています。

 

そこで今、注目されているのが、ガラケーとスマートフォンの特性を兼ね備えた「進化型ガラケー」です。

 

進化型携帯、通称「ガラホ」は、ガラケーのシンプルさとスマートフォンの機能性を両立した新しい形態の携帯電話です。

 

いわば4G対応のガラケーであり、通話をメインとしたビジネス用途での利用に最適な選択肢となり得ます。

 

ビジネスの現場でもガラケーのニーズは依然として強く、ガラホはその新たな解答となるでしょう。

 

この新たなガラケーの可能性について詳しく見ていきましょう。

スマホとガラケーをいいとこ取りした『ガラホ』

進化型ガラケーは、ガラケーのシンプルさとスマートフォンの機能性を併せ持っています。

 

このように、ガラケー+スマートフォンということから『ガラホ』と呼ばれていますね。

 

見た目は従来のガラケーと変わらず、テンキーでの操作も可能です。

 

しかし、その中にはスマートフォンと同等の機能が内蔵されており、インターネットの閲覧もスムーズです。

 

簡単に言うと、ガラケーとスマートフォンのいいとこ取りしたものがガラホになります。

 

このように、進化型ガラケーは、ガラケーのシンプルさとスマートフォンの機能性を併せ持っています。

 

見た目は従来のガラケーと変わらず、テンキーでの操作も可能です。

 

しかし、その中にはスマートフォンと同等の機能が内蔵されており、インターネットの閲覧もスムーズです。

 

特に、社用携帯として通話のメインで使いたい場合、操作が容易で機能も豊富な進化型ガラケーは最適な選択となるでしょう。

ガラケーとスマートフォンの適用シーンの違い

現代のビジネスシーンでは、どのようなデバイスを社員に提供するかが、業務の効率性やセキュリティ管理に大きな影響を与えることがあります。

 

特に、従来のガラケーと最近のスマートフォンのどちらを選ぶかは、企業ごとのニーズや取り組む業務内容によって異なるため、適切な判断が求められます。

 

業務用途でのニーズ分析

ガラケーはそのシンプルさから、特定の業務、例えば電話や簡単なメール対応、短いテキスト入力がメインの業務に適しています。

また、耐久性や長寿命のバッテリーが求められる現場作業などでも便利です。

一方、スマートフォンは多機能性やアプリの豊富さから、データ分析、プレゼンテーション、複雑なコミュニケーションツールの利用など、多岐にわたる業務に対応可能です。

スマートフォンの多機能性との比較

スマートフォンの最大の特長は、その多機能性です。カメラ、GPS、高速インターネット接続など、さまざまな機能を一つのデバイスで利用できます。

これにより、業務の幅が広がり、効率的に作業を進めることが可能となります。

しかし、それに伴い、不要な機能やアプリが多い、バッテリーの消耗が早いなどのデメリットも考えられます。

一方、ガラケーはそのシンプルな機能構成で、特定の業務に特化して利用することが可能です。

従業員の使いやすさと研修の観点から

デバイスの導入にあたっては、従業員の使いやすさも重要なポイントです。

ガラケーはシンプルな操作性が魅力で、研修の手間や時間が少なく済むことが多いです。

一方、スマートフォンは多機能であるため、初めてのユーザーや技術に不慣れなユーザーにとっては、操作が難しい場面もあるかもしれません。

このような場合、十分な研修やフォローアップが必要となります。

 

企業は、それぞれのデバイスの特性を理解し、従業員のニーズやスキルレベルに合わせて適切な選択と研修プログラムの実施を検討すべきです。

 

以上の点を踏まえ、企業は自社の業務内容や従業員のニーズを十分に考慮して、ガラケーとスマートフォンのどちらを導入するかを決定することが重要です。

新しい技術との融合:IoTデバイスとガラケーの連携

ガラケーは、その基本的な機能と長いバッテリー寿命で知られていますが、最新のテクノロジー、特にIoT(Internet of Things)との統合により、これらのデバイスは現代のビジネスニーズにも適応できるように進化しています。

 

IoTデバイスとの連携により、ガラケーでもデジタル変革の一翼を担うことが可能です。

IoTデバイスとの連携の可能性

リアルタイムデータの監視

IoTデバイスは様々なセンサーを利用して環境データを収集し、これをリアルタイムで分析することができます。

ガラケーを利用して、これらのデータを監視し、基本的な応答を行うことが可能です。

例えば、製造業での機械の状態監視や、農業での土壌湿度のチェックなどが考えられます。

遠隔制御と操作

IoTテクノロジーを活用することで、ガラケーからも照明、暖房、セキュリティシステムなどの遠隔操作が可能になります。

これにより、オフィスや施設の管理が容易になり、エネルギー効率の向上にも寄与します。

アラートと通知

特定の条件を満たしたときにアラートや通知を発信するIoTアプリケーションは、ガラケーでも十分に機能します。

例えば、在庫が一定量を下回った時に補充を促す通知や、異常気象が予測された場合の警告などがこれに該当します。

技術的課題と解決策

IoTデバイスとの連携を実現するためには、いくつかの技術的課題が存在します。

これにはデータのセキュリティ、デバイス間の互換性、そして持続的な接続性の保証が含まれます。

これらの課題に対処するために、適切なセキュリティ対策の実装、標準化されたプロトコルの採用、そして信頼性の高い通信サービスの選定が必要とされます。

ガラケーとIoTデバイスの組み合わせにより、企業は既存のインフラを最大限活用しながら、デジタル化を進めることができます。

このような取り組みにより、特にコストを抑えつつ効率化を図りたい中小企業にとって、価値ある選択肢となるでしょう。

法人携帯の契約でコスパ重視ならガラケーはおすすめ

スマートフォンの普及が進む一方で、企業にとってはガラケーもなお重要なツールです。

 

ガラケーはコストパフォーマンス、シンプルな操作性、長寿命のバッテリーというビジネス運営における重要な観点からメリットを提供します。

 

しかし、4G・5G回線の拡大に伴い、3G回線を使うガラケーはいずれ使用できなくなる予定です。

 

日本では各キャリアが3G回線の提供を段階的に終了しており、その結果ガラケーの利用可能性が制限されるという問題が生じています。

 

この問題を解決するために、ガラケーとスマートフォンの特長を併せ持つ「進化型ガラケー」への移行がおすすめです。

 

進化型ガラケーはガラケーのシンプルさとスマートフォンの機能性を両立し、4G対応というビジネス用途での利用に最適な選択肢となり得ます。

 

これらの情報を踏まえ、企業が携帯電話を選ぶ際には、現状のニーズと将来の通信インフラの変化を考慮に入れた上で、最適な選択を行うことが求められます。

タグ

PAGE TOP