ERROR

COLUMN

コラム

2023.07.31

法人携帯

社用携帯はニーズに合わせて選ぶのが一番?適切な端末の選び方!

円滑なコミュニケーションは企業成功への鍵となる、現代のビジネス環境。

 

そのためには適切な携帯電話の契約が必要となりますが、同時にコスト管理も重要な要素です。

 

まずは、現状の携帯電話の利用状況を把握し、それに基づいてプランを最適化することが必要です。

↓法人携帯の導入はofficioにお任せ!法人限定の特別プランをご案内させていただきます↓

ニーズに合わせて社用携帯のプランを選択する

スタートアップ企業

初期投資を抑えつつ、ビジネスの発展に応じてプランを拡大できるものが最適です。

特に、リモートワークが多いか、社員が分散している場合には、データ通信量が豊富なプランや、海外での通信が可能なプランが適しています。

 

各社員の利用状況に応じてプランを柔軟に変更でき、一元管理が可能なプランがおすすめです。セキュリティ対策が強化されているプランや、大量のデータ通信が可能なプランが必要な場合もあります。

 

テレワークを推進したい

テレワークに必要なツールがプリインストールされているデバイスを選択すると、導入がスムーズに進むでしょう。

 

また、通信量が無制限のプランや、安定した通信速度を確保できるプランがテレワークの円滑な進行に寄与します。

 

初期投資を最小限に抑えつつ、事業の進行に応じてスケールアップできるプランが適しています。

 

特定のアプリケーションやサービスへのアクセスが必要な場合は、その利便性を考慮したプランを選ぶことが重要です。

サポート体制を確認しよう!

企業向け携帯契約を選ぶ際には、利用状況やコストだけでなく、サポート体制も重要な要素となります。

業務中に通信トラブルが発生すると、それは企業業績に直接的な影響を及ぼす可能性があります。

 

そのため、信頼性の高いネットワークを持つキャリアの選択が重要です。

 

特に、社員が頻繁に出張する場合や、海外での業務がある場合は、国内外のネットワークカバレッジが充実していることが求められます。

 

トラブルが発生した際には、迅速かつ適切なサポートが必要です。

 

各キャリアが提供するサポート体制を比較し、自社のニーズに最適なものを選びましょう。

適切な端末の選び方

社用携帯契約においては、端末の選択も重要な要素です。

特に、セキュリティ対策についてはしっかりと把握しておいた方がいいです。

セキュリティ対策

企業用デバイスには重要な情報が含まれることが多いため、セキュリティ対策は欠かせません。

 

デバイス自体のセキュリティ機能や、キャリアが提供するセキュリティサービスを確認しましょう。

 

これらのポイントを考慮し、各企業のニーズに合わせて最適な携帯電話の契約を結ぶことが大切です。

 

スタートアップ企業や新規プロジェクトの立ち上げでは初期投資を抑えつつ、ビジネスの発展に合わせてスケールアップできるプランを選びましょう。

 

また、テレワークの導入では通信量無制限のプランや安定した通信速度を保証するプランが適しています。

 

また、どんなに優れたプランでも、それをサポートする通信品質とサポート体制が不十分では意味がありません。

 

社員が出張が多い、海外業務がある場合、信頼性の高いネットワークと国内外のカバレッジが求められます。そして、いざというときに迅速で適切なサポートを提供できるキャリアを選びましょう。

 

最後に、デバイスの選択についてですが、業務用途に必要な性能を持つスマートフォンやタブレットを選び、セキュリティ対策も確認することが重要です。

このように、社用携帯の契約は単に携帯電話を選ぶだけでなく、様々な要素を総合的に考慮することが求められます。

 

その結果、企業のコミュニケーション力と業績は大いに向上するでしょう。それぞれの企業が自身のニーズを深く理解し、最適な選択をすることが重要です。

端末導入後の管理とメンテナンス

社用携帯の選定だけでなく、導入後の継続的な管理とメンテナンスも非常に重要です。

 

適切な管理を行うことで、端末の性能を維持し、業務効率を最適化できます。

定期的なアップデートと検証

新しい機能の追加やセキュリティの向上を図るために、端末やアプリのアップデートは必須です。

しかし、アップデートだけでなく、その都度、機能やセキュリティの検証を行うことも大切です。

アップデートによって生じる可能性のある問題を未然に防ぎ、安定した業務運用を維持するためのステップです。

トレーニングと研修

新しい端末の使用方法や、最新のセキュリティ対策についての知識は、社員全員が共有する必要があります。

定期的なトレーニングや研修を実施し、社員のスキルアップを促進させましょう。

これにより、ヒューマンエラーによるトラブルを減少させ、セキュリティを強化することができます。

端末の健康診断

端末の使用による劣化や、長期間の使用によるパフォーマンスの低下は、ビジネスにおいて大きな障壁となり得ます。

このような問題を早期にキャッチするために、定期的な健康診断を行うことをおすすめします。

具体的には、バッテリーの消耗状況や、ストレージの使用状況、各種センサーの動作確認などを行うことで、予期せぬトラブルを未然に防ぐことができます。

 

社用携帯の導入は、単なるツールの提供にとどまらず、その後の管理や研修も含めて総合的に考える必要があります。

 

これにより、社内コミュニケーションの効率化や、業務のスムーズな進行を実現できます。

コストと性能のバランスの取り方:社用携帯の賢い選択

企業が社用携帯を選択する際、コストと性能のバランスを適切に取ることは非常に重要です。

 

この記事では、購入コストと運用コストの検討方法と、最も合理的な総所有コストを達成するための戦略について解説します。

購入コストと運用コストを検討

初期購入費用

初期の購入費用は、端末選びにおける最初の大きな障壁となることがあります。

しかし、安価な端末が長期的には高いメンテナンス費用や頻繁な交換が必要になることがあるため、初期コストだけでなく総コストを考慮することが重要です。

長期的な運用コスト

長期にわたる運用コストには、メンテナンス費用、ソフトウェアの更新、セキュリティ対策の強化などが含まれます。

また、電池寿命や耐久性も重要な要素で、頻繁に交換が必要な端末は総所有コストを大きく増加させる可能性があります。

総所有コストの最適化

選択する端末は、使用するアプリケーションや業務の内容に最適化されている必要があります。

例えば、オフィス内での使用が主なら高性能CPUや大画面よりもバッテリー持続力や耐久性を重視するべきです。

逆に、グラフィックデザインやビデオ編集などの重いアプリケーションを使用する場合は、高性能なプロセッサーや大容量RAMが必要になるかもしれません。

実践的な選定ポイント

業務のニーズ分析:どのタイプの業務にどの程度の頻度で使用されるかを理解する。

市場調査:同じニーズを満たす様々なブランドやモデルの比較。

レビューとフィードバック:既存ユーザーからのレビューや専門家の意見を参考にする。

コスト対効果分析:長期的な視点でコストと利益を評価する。

適切な社用携帯の選択は、単に初期コストを抑えることではなく、長期的な視点で企業の投資収益率を最大化することにも繋がります。

適正なデバイス選定によって、企業の運営効率と従業員の生産性を同時に向上させることが可能です。

officioなら法人携帯のお見積りだけでもOK!

他社にはない法人向け特別価格のご提案をさせていただきます。

 

  1. 充実のアフターフォロー
  2. 全国対応!オフィスで完結
  3. 携帯以外もまるごとコンサル!

 

たとえば、テレワークの実装や新規事業のスタートアップは、必要なサービスや機能を一から調査し、選定するだけでも大きな労力を必要とします。

 

このような課題を解決するために、officioのスマホアドバイザーが最適なプランをご案内させていただきます!

 

また、モバイルデバイスだけでなく、オフィス運営に必要な全ての側面についての相談もofficioにお任せください。

 

OA機器、インターネット接続、固定電話ライン、ウェブサイト制作、広告、電子契約、電気、そして人材採用まで幅広いニーズに対応いたします。

 

「運用方法」「管理方法」も併せてご提案!

 

お客様に確かな【価値】をご提供いたします。

 

法人携帯の導入をご検討中の方は、ぜひofficioにご相談ください。

タグ

PAGE TOP